物流事業

海?陸?空の物流サービスを組み合わせ、最適なサプライチェーンを構築

国際的な競争により厳しさを増す市場環境において、世界的な視野に立った適地生産や新たな消費地域への対応など、お客さまにとってサプライチェーンの最適化は重要な課題です。日本郵船グループは海上?航空貨物輸送と、保管?流通加工、陸上輸送、情報管理を始めとする包括的な物流サービスを組み合わせ、最適なサプライチェーンを構築し、高度化?多様化するお客さまのニーズにお応えします。

日本郵船グループにおいて物流事業の中核を担う郵船ロジスティクス(株)は、世界で選ばれる総合物流企業を目指し、40を超える国と地域に約600ヶ所の拠点を持ち、事業を展開しています。これまで多数のお客さまの貨物を扱った経験によって培われた豊富な専門知識とグローバルなネットワークを活かし、製品の製造から顧客への配送に至るまで、シームレスかつ柔軟性、信頼性のある物流サービスを提供します。

具体的には、北米、欧州、中国?アジア各地で運営する物流センターで、お客さまの商品や貨物に対して、収集、保管、検品、仕分け、ラベリングや再包装などの物流加工、指定先への配送、管理、ITによる情報管理サービスの提供などのサプライチェーン?マネジメントサービスを提供するほか、トラックや鉄道による陸上輸送、通関、フォワーディングに加え、海運?空運において他社スペースも活用した利用運送、輸入者を代行して輸出地で出荷?船積みの手配?管理を行うサービスなど、さまざまな物流サービスを提供しています。このように、海?陸?空にまたがる多様な輸送?物流サービス網を有することで、お客さまのニーズに沿った包括的な物流サービスの提供が可能となっています。

又黄又爽又色的免费网站